「カタチ」にとらわれない、豊かな発想が生かせる会社に。
■代表取締役社長 冨松 久益 
President and C.E.O Hisayoshi Tomimatsu

五十鈴製作所は1939年の創業以来、幅広い技術開発を基盤に総合エンジニアリング企業として広く海外でも知られる企業に成長してまいりました。特に低圧鋳造機の分野で飛躍発展を遂げましたが、私たちの仕事はこれだけではありません。今までも様々なアイデアを開発に結びつけ、長年の知識や経験の積み重ねから生まれる「組合せの技術」で、お客様のあらゆるご要望にお応えしてきた社風があります。これからもひとつの枠にとらわれない、ベンチャー意識を持ち続ける集団へ。五十鈴製作所は「何をしでかすかわからない」けれど「その実力は目が離せない」という会社でありたいと考えています。


五十鈴製作所は1990年、創立40周年を機にC.I.(コーポレートアイデンティティ活動)を展開。以来、21世紀の企業目標を設定し、さらなる飛躍をめざすものとして現行のシンボルマークを掲げてきました。
■Corporate concept 企業コンセプト
 創造的な組合せ技術で企業競争力を提供するマシン・システム・クリエイターをめざす
■Symbol Mark シンボルマーク
マークの色と形も、五十鈴の企業コンセプトを表現するものです。
■Sharp oval シャープな楕円形
マニュファクチャアリング、ソフトウェア技術を象徴。

このグリーンは「若々しい発想」を現しています。
■Triangle with one curved side 一辺に曲線をあしらった三角形
エンジニアリング、ハードウェア技術を象徴。
このブルーは「洗練された技術」を現しています。
■Join Togetherとは当社の理念、姿勢、目標などをこめて前進しつづけることを宣言するスローガンです。
「マニュファクチャリング」と「エンジニアリング」、「ソフトウェア技術」と「ハードウェア技術」、ソフトとハードを組み合わせ、洗練された「マシン・システム」を創造します。
また、「お客さまと当社」「お客さまと市場」という価値ある関係を築くための価値ある技術の確立をめざします。
Yes,I can do it.
そしてもうひとつの宣言として対になるのが、【Yes,I can do it.】。目標、要望に対して必ずや応えてみせる、達成することが重要です。
▲ページ上部にUP 次ページ≫【会社概要・沿革】