社内研修 IBS(Isuzu Business School)
社員を育てることは、正に会社を育てることです。資格の取得はもちろん、他社の開催するスクーリングやワークショップにも積極的に参加。そしてその知識を社内で共有化するために、社員が講師となって教える立場となります。

単なる知識やアイディアを持ち寄り、それを肉づけし発展させる。風通しの良いコミュニケーション環境も育てること。これはそのまま実際の業務の企画や営業戦略といった会議の場にも活きています。そして社員一人ひとりの成長が会社の成長に直接結びつく、という自覚も生まれ、プライドとなってお客さまにも伝わります。
福利厚生
一人ひとりの能力を活かし、またお互いに支え合う時、出発点となるのが職場のコミュニケーション。社員が快適と感じる環境づくりのために、社内の各種制度やリクリエーション・プランの充実も図ってきました。

社員全員の仕事への情熱と元気な笑顔のために、これからもサポート体制を高めていきます。
▲ページ上部にUP 戻る≪前ページ次ページ≫【Topics】