グローバルな事業展開を標榜する五十鈴にとって、無視のできないキーワードのひとつが環境問題です。
例えば、燃料電池(Fuel Cell フューエルセル)。地球規模の温暖化、オゾン層の破壊、また化石燃料の枯渇、こういった環境問題への対応として、水素が注目を浴び、燃料電池は、燃料を熱や動力に変えることなく直接電気エネルギーを取り出せるクリーンエネルギーのシステムとして、石油に換わる鍵と言われています。

これまで世界品質の技術・高効率を目標に、五十鈴は鋳造プラント、自動酸洗ラインの化学プラント、排ガス処理システムの環境プラントと提案してきました。高い志を持つことが、高い結果にもつながってきました。五十鈴の明日への取り組みは、この環境問題という課題に他なりません。



●グローバルエンジニアリング株式会社【GEC】設立

未来につながる環境問題の重要性を認識し、取り組みの一環として、世界的な視野に立った事業展開を図っていく。
その礎として、2007年名古屋市にグローバルエンジニアリング株式会社【GEC】を設立しました。
これは産業機械製造の(株)五十鈴製作所と、生産エンジニアリングの(株)生産技術研究所【PROTEC】の共同で、真のグローバル化を目指す事業体として発足しました。

GECのまず第一歩としては、中国の天津にて中日合弁となる事業を展開していきます(GECC)。
天津市は中国北方最大の対外開放港を抱える中国中央直轄市。首都北京とは高速道路と高速直通列車によって2時間以内で結ばれている経済の中心地です。この世界の注目を集める場所で、私たちも現地即応を確かなものとし、また無公害動力源のFC関連の市場に挑戦します。
21世紀の競争を勝ち抜くとともに、エネルギー・環境問題にも対処していく。志を持ってプロジェクトに取り組んでいきます。



●新事業開発部門 刈谷ラボ設立

〒448-0028
愛知県刈谷市桜町二丁目1番地
伊藤ビル RISE-2 2F
Ito Building RISE-2 2F
2-1, SAKURAMACHI, KARIYA-CITY
AICHI,448-0028,JAPAN
TEL: (0566) 91-7651 / FAX: (0566) 91-7652


 

2011年

自然エネルギーを活用した太陽光追尾集光発電システム
”SU:VO”を発売

「自然と人と技術をひとつに」をめざして事業開発本部が
起ちあがりました。



■進行中の開発テーマ例


▲ページ上部にUP